rimcafé days

あんてなじゃーなる

NDロードスター

2015年はロードスターと共に歩んだ1年

ありがとう2015 今年はNDを迎えた年となりました。なかなか踏ん切りがつかなかった車高の問題も解決して最高の仕上がりを魅せました。 今年は体調がずっと不調だったこと、歯の調子が極限まで悪くなったりで私生活もぼろぼろなことがあってとても辛い1年でし…

NDロードスター用オーリンズDFV装着 後日談その1

10km程度の走行後落ち着きました 車高がパキっと落ち着いてオーリンズのマニュアルどおり-30mmダウン程度となった模様。 最低地上高は110mmはあるのでまだあと20mmは落とせるわけですが… 実はTE37を特注してもらってるのでそれがきたらまた改めて車高調整予…

NDロードスター用オーリンズDFV装着 装着編

ついに装着編です 購入から1ヶ月も放置していたオーリンズDFV BTOモデルの所在ですが、やっとのこと装着できました。この理想的なプロポーションにやっと納得できました。NDロードスターは最高のデザインだと感じます。 オリジナルの車高 これがオリジナルの…

NDロードスター用オーリンズDFV装着 組立編

やっとのことで組み立て編です 夢のオーリンズ。やっとのことで組み立てを完了。なかなかハイエンド車高調はおもしろいものでいろいろ学ばせていただきました。 オーリンズはパーツがすべてばらっばらに来るので自分で組み立てる必要があります。バネは200mm…

NDロードスターでナノクリレンズを試す

AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR まずはその性能をご覧下さい。 ロケーション的には曇りで非常に日光がないつらい状況ですがNDロードスターのソウルレッドをしっかりと捉えたD7200。満足のいく色味と描写です。 撮って出しJPGそのままでNFEから直接Li…

マツダファンフェスタ2015に行ってきた話

遠路はるばる岡山国際サーキットへ マツダファンフェスタがあるということで岡山国際サーキットまで行ってきました。今回はここ数年でCX-5,デミオと乗り換えに乗り換えを重ねている知人と一緒に観戦に。丁度うんがよくパレードランの権利も獲得できたので終…

NDロードスター用オーリンズDFV装着 準備編

足周りを確認しよう これはリアの眺め。 フル調整できるいわゆるフルチョウのNDの足周りを眺めること小一時間。キャンバーも調整できるし、キャスターも調整できる。で、ちょっと気になったのがリアで、ライトのオートレベライザ調整が入るため車高を落とし…

NDロードスター用オーリンズDFV 購入編

NDロードスター用オーリンズDFV購入編 NDロードスター用オーリンズDFV BTOモデル 受注生産 オーリンズ NDロド

NDロードスターRSに試乗してきた話

やっぱりレカロ? レカロ探しのたびにでてきまして、RSの試乗に来ました。さてさてなんでRSが気になってるかというと Cリング車高調整式ビル足 ヒトマワリ大きいブレーキローター レカロシート この3点になりますが、さてさて… 連日の長距離運行に、どうして…

新城ラリー2015観戦記

新城まで早朝ダッシュ! 新城ラリーの時期がやってきたのでひさしぶりに(2年ぶり?)観戦にいくことに。早朝9時までに同乗走行の抽選があるっていうもんだから、5時くらいからでてって8時半くらいにはつくだろうってことでざっざといったものの…8:45くらい…

京都の秋はまだまだこれから

まだちょっとはやいね 会津から帰ってきてさっそくまだまだ秋を探したいぞとおもってでたもののまだまだこれから。写真は京都嵐山よりも少し北にある広沢池。ロケーション抜群のところなんだけど、ここはよく野鳥撮影のおじさんたちが集まってる。 紅葉がま…

はっとさせられる圧倒的なデザイン

京都の町並みでも 祗園辻利さんの近所で1枚。 はっきりとした存在感がありますよねぇ。 これからも長い付き合いとなりそうです。

オープンが最高な季節。会津若松へ

ひさしぶりの会津旅行 2年ぶりか3年ぶりか、会津へひさしぶりに行ってきたので旅行記をしるしておきます。 過去にいったのはZ34の納車直後だったのね。 ktakemoto.hatenablog.com スタートは京都御苑から 早朝6時スタート。東京で友達をピックアップする必要…

富士を眺めて

富士河口湖のNDロードスタードライブ。 毎年恒例の大石公園にマツダロードスターでのんびり観光です。

諏訪大社 下社秋宮に行ってきました

皆様ここが例のアレです。 遠回りした結果 毎年恒例の富士遠征を今年は新東名をつかって横切らずに遠回りをしつつ行ってきましたよっと。 つまりめちゃくちゃ遠いわけですが、NDの燃費テストもかねてかなり低速でゆったりとまわってきた感じです。80km/hでず…

白州蒸留所って諏訪からすぐ近くだったのね

諏訪からのSUNTORY白州蒸留所 秋宮から河口湖に向けて移動中に白州町を見つけたんです。で…あれ?とおもって途中とおりかかったSUNTORYのウイスキー工場。まさかこんなところにあるとはねぇ。 残念ながら移動の途中で寄り道程度にしかみることができず中には…

フジムラオートさんのND用マフラー

マフラー交換の儀 フジムラオートさんの超軽量マフラーを購入したのでさっそく装着。とにかく超軽いので軽く5,6kg以上は軽量化できます。あと車検はアレなんで、サーキット用途かなぁ。抜けも当然いいです。 というわけで交換 純正マフラーはかなりの性能と…

NDロードスターのオイル交換

オイルについて考える回 さて、4500kmこえてきたしエンジンオイル交換。前回は1300くらいで交換したんだっけかな。3000km超えてきてさてどうかなというところで一度自分で交換してみますよっと。 オイルは純正を購入。マツダ純正エンジンオイル ゴールデンEC…

NDロードスターのストライカーブーツとやら

ブーツくらいつけてほしい むき出しになっているロードスターのドアノッチ部分にヤフオクで売ってたブーツを取り付け。 ドアのほうはちょっとチリがあってないけどまぁよろしいです。 ぜんぜんオッケーです。 ↓↓↓↓↓↓ 現行マツダ専用 DJデミオ/CX-3/CX-5/BMア…

筑波山ドライブ

初期ロットの3台 筑波山まで近いということでざっとワインディングを流しにおろしたてのND3台で行ってきました。筑波周辺は畑も山もおおくて非常にオープンには気持ちの良い景色が続くのでのんびり流すにはかなり最高なロケーション。 この3台。実はほぼほぼ…

筑波マツダ4耐に行ってきた話

第26回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース メーカー6社のスタッフやメディア、女性ドライバーもふくめて27チームで競うロードスターの耐久レースをわざわざ筑波まで観に行って来ました。写真はマツダチームの車輌。人馬一体が輝かしい。 各社かなり本…

広島まで下道ドライブ

スタートは東寺から いつもなら高速道路を使うところだけどすべて下道で広島まで侵攻してみました。スタートは東寺から。1663kmスタート。NDはフルバンランスドだろうというかってなかんがえで1000km越で慣らしおわりとしています。しかし28度って暑いな… 東…

ライトウェイト最高ですね

夢があっていいよね 写真貼り付けてびっくりしたんですが、偶然ほんとに偶然Z34との1枚が撮れてたので今日のブログの冠に。どちらも良いデザインだとおもうけど、やっぱNDのほうがいいかな。まえのNISMOのノーズが好きだったのでそれをさしひいてもまぁやっ…

HOHのロードバイクキャリア

ロードバイクキャリアについてかんがえてみる 一緒にNDロードスターを購入した知人がキャリアを検討中ということで以前からきになっていたHOH'Sさんのキャリアを検討。そもそもNCでもNBでもこのキャリア実績があるということなんでNDにとっても大丈夫なんじ…

夏のオープンはやっぱり最高だった話

ロードスターに乗り換えて2ヶ月。とにかくチャンスがあれば屋根を開けて走ってるのだけど、本当にオープンは素晴らしい。風が自然に入り込んでくるこの感覚、疲れが吹き飛ぶしなにより運転していて楽しいです。 オープンの良さ 夏のワインディング、涼しい山…

二台のオープンスポーツ

はっきりと異なる方向性 良い機会に恵まれて、三重の山奥でS2000 (以下AP1)に試乗した。かなり走った個体ではあったけど綺麗に乗られていてボディもまだまだどっしりしてた。AP1はどちらかというとAP2と比べるとよりレーシーな方向に仕上がっているという…

NDロードスターへZ975Csdをインストール

Yupiteru Z975Csdを装着! 以前購入しておいたZ975をやっと取り付け。かなり大変でしたw とにかく小さい2.8インチはYupiteruの特別モデルだけ。ちょっとお高いけどね。 購入ブログはこちら↓ Yupiteru Z975Csd を購入した話 - ken's blogktakemoto.hatenablo…

クオーツコーティング施工

まるで鏡のような鏡面仕上げ 大阪豊中のほうにある、カービューティーマックスさんでクオーツガラスコーティングを施工してもらったのだけど素晴らしい仕上がりに感服しております。 カービューティーマックスさんは磨きにこだわってるところはベースとして…

NDロードスターが納車されました

Z34との別れから3ヶ月くらいかな?やっとNDロードスターが納車されました。念願のLWSです!いつかはLWSとおもっていたので念願叶って手元にやってきた感じ。 圧倒的なデザイン哲学 特筆すべきはやはりこのデザインでしょう。欧州のデザイナーでも10年は超え…