rimcafé days

あんてなじゃーなる

久しぶりにHHKB Pro2を掃除しました

f:id:ktakemoto:20130217151543j:plain

f:id:ktakemoto:20130217153105j:plain

お掃除開始

久しぶりにHHKBを掃除しました。赤Crtlを貰っていたので取り外し工具でちょいちょいっと。かれこれ2時間くらいかけて掃除。いつもキーボード掃除するときは、適当に拭いて終わりにしてたんだけど、今回はガラスマイペットで一つ一つ丁寧に拭き上げることに。(たぶん4,5年掃除してないので)

いろんなキーボードを過去に試してきましたがこの子が一番自分にはしっくりくるのでいまでもHHKBを使ってます。なのでCtrlは大事。

殻割りしてみました

せっかくなんでどんな感じなんだろうとおもい分解。たぶんこの基盤よりしたやっちゃうとバネが一杯でてきそうなのであけなかったんですが…よくみると…

f:id:ktakemoto:20130217152317j:plain

f:id:ktakemoto:20130217152425j:plain

Topre様の文字が…あとで知人に教えて貰ったんですがLinuxに刺したりするとTopreってでるんですね。初めて知りましたwそれからNECのチップもあったりで。なるほど…これは。

しかし、金属リブが入っていることもないんだけどしっかり剛性感があるのはこのキーボードならではですよ。

HHKB今年もよろしくね〜

f:id:ktakemoto:20130217152909j:plain

長年つかってるせいもあって他のキーボードがしっくりこないのもありますが、やっぱり本製品の特徴は打鍵感と耐久性でしょう。そしてなによりもコンパクトで小さいこと。MBP15インチの上に載せるとなんかぴったりはまってしまう感じもなかなか魅力です。

この製品。最初のとっかかりがむずかしいところですが慣れてしまうと手放せない逸品です。